読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最終楽章について

(恋愛は)当事者の女性にとっては大切である生活の設計そのものでなければならない。

男性ならば一生続ける専門分野なり職業なりを選択するほどに本気で相手、つまり男性を選ぶべし。

つまり、接待の精神の土台は、かけがえのない人にどうやって歓んでもらえるかを察するということに違いありません。

接遇は恋愛に非常に近いものという結果になります。

マンネリを食い止める作戦の紹介。

その策は、パートナーと二人でする共同作業にある。

二人で同じ目標を持ち、目標を達成できた時に、二人で目標に到達したという一体感が大切である。



かあさ人の為のスキル

言うとおり現実のものとしてよく考えればありえないきれいごとかもしれない。

ところが、そうなれとか、甘えた考えだって感じていても真剣に望んでしまうのが恋愛なんだと思います。

二人の関係をマンネリから防ぁ
粟鑠,両匆陝\xA3

その戦法は、二人の共作業の中にある。

二人の目的を持ち、目標に達したときに、二人で到達したというジーンとくる気持ちが大切である。

男性の「泣き」というものは女の子のハートをキュンとさせられるはずだが、まれに「どこにでもいる弱虫」に違いないとレッテルを貼られる心配もあるだろう。



ともえの恋愛な件

初めてのデートのときに女性をモノにしたいなら、デートの食事選びに最優先で注意。

射止めたい女性がご機嫌でいいと言ってくれたら、あなたを認めてくれたメッセージなのであると思ってもいい。

恋人を愛する気持ちというものは義理という関係の鎖で保たれているわけです。

それでもって人間の根性は少なからず悪であるから、そんな義理は人間の本性ですぐにでもたち切れるものなのだ。

キスしている時間が短いとしたら心が離れている裏付けかも?!ウソでごまかそうとしても、体は正直\xA1
です。

そんなときは慎重にはっきりさせてみるべき。\xA1