読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロンティアライフについて

「猫が好き」という人はドラマチックな恋愛が大好き。

本物の猫も、当然愛情に比例して主人との関係が深くなり、信頼関係が深くなるペット。

だけど実際冷静な様子で、気まぐれ屋さん。

「占いじゃ、あなたとは間違いなく相性抜群だって」と伝えてみてください。

相性がいいという言葉を声にすることで「二人は間違いなくうまくいく」という良い未来を想像させる効果が見られることが見込まれる。

そういえば実際の世界でよく想像してみればその通り、きれいごとかもしれない。

けれども、そんなふうになったらいいなとか、非現実的な望みだって本当は知っていても本心から望んでしまうのが恋愛なんだと思います。

異性への愛情だけが二人の心と心を固く留めている。

支えあう関係だからどっちも恋人に対して、テキトーになれない。

こういう責任感が女を、そして異性としての男を磨くと言えます。

恋をしているときは、成績が下降する人が少なくない。

なぜかと言うと左脳は論理脳として、右脳が感覚脳とし\xA1
て主に働きが分かれ、誠実に恋をしてる最中は気持ちを受け持つ右脳が主役となって動いているのが原因。

普通の女の人は聞いていることよりも話すことが幸せ。

自分の言いたいことだけをずっと喋り続ける男性はどうしようもない間抜け。

状況を見て日常的に自分が相手に話を聞いてもらっているのが好きな女性に話を向けることが忘れてはならないこと。

恋人をいとおしく思う気持ちだけが恋人たちの心と心を一つに結んでいる。

他に何も求めない関係だからこそどちらも恋人に対して、テキトーになれない。

こんな緊張感がどちらも磨くわけです。

そっと「自然に肩をたたくこと」又は「肩にやさしく触れる」は何気ない「ボディータッチ」ですので、「密接した55センチ以内へのさりげない侵入」と考えて「透明な清潔感のあるうっとりさせる匂いをうまくまとう」ことが大切です。

忘れたい過去の恋愛を今でもひきずるなら、まだとってある大切なものでも好きだった人の表情やぬくもりを思い出させるようなものは捨ててみろ!できないなら売り払うべし!こ\xA1
れが最低限の鉄則、ぜひやってください!お店でコーヒーなんかを飲\xA1
んでいるとき、「二人のこと、どんなふうに見えているかな」と恋人に囁いてみよう。

たぶん大胆な問いかけをかけられた男性は、とてもあわてるんじゃないかな。



ダイエットが超出来なくてダメアルバイト、ダメ社員だったいぬがいかに?ダイエット?を変えてできる社員となったか。